Friday, 19 December 2014

Kicking my reliance on the warmth of sun and a new chapter(太陽の温もり への依存を絶つ新章)

MIRROR

I was in Ho Chi Minh, Vietnam last week.  The air was sweet and alluring, and the culture seemed interesting The only reason I did not choose that country to start afresh was because of its warm climate.  I had that for too long in ‘the city of sunshine’ and while it helped me, it also delayed me from confronting my real issues. 

Everyone is dealt harsh cards by the fate at some point and we are meant to learn from the pain.  Sure, some of my problems were beyond my power to fix it, but if that was so, I should have cut the loss and moved on.  Why didn’t I do it?  It was the warmth of the sun.  It picked my mood up and I was able to bear the situation, not realizing none of it owed to my strength.  I was long puzzled that why Australians, known for smile and kindness, would suddenly have either lonely or dark shadow cast over their eyes.  Maybe they have, like I did, mistaken the sun’s uplifting effect to be their own strength.  You can go through the day feeling all right, only to realize at night, when alone, that your problems are still there, undealt and unsolved.  It would take a sheer mind power to tackle one’s problems while pushing back the temptation of relaxing and embracing warm sun.  That may be why when some Australians make it big on the world stage, they truly excel.  

Now back to the ordinary ‘me’ who had grown reliant on the warm sunshine.  I realized I had slowed in growing as a person.  In order to make up for the lost time I must, without delay, move myself to a darker and colder place where I would have to rely on my own inner strength to stay sane.  Where to?  Russia and Scandinavia are indeed cold and dark during the winter, but the language barrier is too steep in Russia.  Scandinavians speak English, but again too steep is the living cost there.  So here I reveal the sight which is 5 minutes-walk from my new apartment. h If you do not recognize it, how about this one which is further 5 minutes away?  Notre DameOr this, another 10 minutes away?  LouvreYes, I am in Paris.  In sequence, Hôtel de Ville, Notre Dame and the Louvre.  From ‘the city of sunshine’ to ‘the city of light.’  From 30 degrees tropical heat to 3 degrees cold.  

The rumour has it that the French are private people, bordering on indifference.  Even that is so, it means that the French do not feign friendliness to conceal their ulterior motives.  I have a high regard for the people who pushed back the cold and darkness to build ‘the city of light’ through enlightenment .  On the morning I landed in Paris it was dark and raining, just the way I wanted it to be.  3 degrees cold?  Bring it on.  I shall strive to glow, not like a star, but a tiny firefly, and when I have achieved that, I might then have become a useful person to others.  

Of course, no place is perfect.  I was giddy to have come to live in Marais, the artists’ town, but for not for long.  In my smugness I had only painters and graphic artists in mind.  From the day one, the pianist right above my unit has been blasting her piano for as long as 4 hours to 6 hours every day at a stretch.  I read on her unapologetic face that it was her artist privileges.  Oh, well.  Life is not done giving me challenge.  I squeezed my ear plugs into my ears.  Back to reality.

Copyright 2009 to 2014 by Mirror Miroir/THE THIRD RED APPLE All Rights Reserved.

先週、私はホーチミン、ベトナムにいました。空気は甘く魅惑的で文化も興味深いです。でもこの素敵な国を再出発の場所に選ばなかったのは暖かい気候のためです。「太陽の街」で私は陽を長いこと浴び過ぎました。明るい陽射に心を支えられた反面、自力で問題と向き合わなくなっていたのです。 

誰しも躓き、その痛みから学ぶものです。私が抱えた事情は自分ひとりでは解決できるものではありませんでしたが、それなら早期にロスカットして次に進む勇気を持つべきでした。だのに何故そうしなかったのか?溢れる太陽の陽射しでした。沈んだ気分も太陽にあたっているうちに軽くなり日常を繰り返す事ができたのです、自分の力で乗り越えたわけではないのに。最近まで不思議だったのは「明るい笑顔と親切」がドレードマークのオーストラリア人が突如見せる暗い眼。寂しさの人もあれば黒い性根の人もいました。きっと私のように太陽の明るさを自分の明るさだと勘違いしてきたのかもしれません。 そして問題は解決されないまま心の闇が広がるのです。

私自身最近成長が停滞していたと気づき、急ぎ太陽の陽射しがない寒い場所に移り自力で気をしゃんと持てるようにならねばなりませんでした。では何処へ?ロシアと北欧の冬は暗くて寒いですがロシア語はチンプラカンプラだし北欧は生活費が高すぎて手がでません。そこで選んだ新居から徒歩10分にある建物がこれです。OLYMPUS DIGITAL CAMERA更に15分歩けばこれがあります。arc de triumph

お分かりでしょうが私はパリに住み始めました。ルーブル、凱旋門です。「太陽の陽射しの街」から「光の街」(クリスマスの装飾ほどこされたノートルダム寺院と夜のルーブルは英文に挟んだ写真を参照下さい)へ、30度の熱帯から3度の極寒への大移動です。 

噂ではフランス人は余所余所しいらしい。それが本当なら少なくとも彼らは親しげな笑顔で下心を隠したりはしないわけです。ヨーロッパの暗くて寒い冬を押し返して自力で世界を魅了する「光の街」を作り上げた点は尊敬します。この場合の光は啓発によるものだそうです。パリに到着した朝はどんより暗く雨でした。望むところです。3度を切る寒さ、上等!この状況で自力で僅かながらも微笑みを浮かべていられたら私もやっと人様の役に立つ人間に成長しているやもしれません。 

無論完璧な場所などありません。最初は芸儒家集うマレ地区に住めて多少浮かれてましたが真上に住むピアニストが毎日延々と4~6時間も練習を始めたのです。後から来て文句も言えないがピアニストの「これは芸術家の特権よ」との上から目線に諦めて耳栓買いに外出しました。

日本の雑誌にも載る有名な店で働く某国の女性が日本女性のふりをしているのに遭遇。私が日本人だと分かるとすかさ父方は戦時中に某国へ移り住んだ侍だといいました。どこの藩であったかの問いに答えることもできなかった某国女性はフランス男性と結婚するのが夢だと言います。英国人でも良いって。そんな目的で祖国を離れた彼女の話を信じて結婚する男性が哀れです。この女性は中国人ではありませんでした。何だかんだ言っても中国人は日本との喧嘩を自分でするし、中国女性は中国人である事を誇りとして自力で立っているので私としては好感もてます。それに比べて某国の人間ときたら...外見が似てる為に海外で日本人の評判がいいようにされるのを南半球だけならずパリでも早速遭遇するとは。

異常続きな2014年でしたが私もやっと現実な生活に戻ります。