Sunday, 1 February 2015

Congrats, Australia (時ならぬ心のさざ波)

和文の続きはコメント欄に書きました。短いので別のエントリーポストを作るほどでもなかったので先週ご覧になった読者は下のコメント欄までスコロール願います。

Finally, finally, Cahil of Australia got to lift the big trophy!  He had always deserved better but somehow the glory kept eluding him because of bad luck.  He was not getting younger so I had been sadly resigned for some time.  Sure he was the man who sank Japanese team a few times, but I respected his caring side in his private life.  Well, not exactly private since it had made it into press, but he seemed to have carried himself with warmth and integrity.  That does not happen very often so I became his fan.

The final of Asian Cup 2015 took place in Sydney.  How that sounds so far away.  The place where I spent a good chunk of my life evoked no sentiment inside me, and yet I was crying.  I cried for Cahil’s long due glory.  I had to replay the video of Socceroos leaping with joy holding the trophy over and over in my apartment in Paris.  Each time tears will quietly flow down because after countless heartaches and hard works one good man was finally rewarded. 

As I have always said, it comes down to individuals in the end, not national flags. 

アジア杯で豪州が初優勝。嬉しくて涙がでました。国にではなくケーヒルや選手達の為に。特にケーヒル氏は道を外した兄を見捨てず面倒を見る優しい人で実力があるのに大きな栄誉に報われない彼を応援せずにはいられませんでした。年をとり引退を囁かられる時期に優勝が間に合ってよかったです。結局は国旗ではなく個人に惹かれるのかなと感じます。 

決勝地になったシドニー、記事で名前を読んでも遠く何も感じませんが「紳士」の顔だけは横切ります。彼を思い出す理由はそれだけではありませんでした。フランス学校のクラスメイトに独の男性がいて、女性陣はハンサムだと騒いでいました。ですが私は困ったことに「シドニーの紳士」に似ていたので見ないよういしていたのです。無愛想な人柄も似ていましたが私がクラスで発言する時だけ独生まれのイケメンがニコヤカに反応する事に2週間目に気づきました。それでも基本年下男性に対して私はスルーでして、3週間目に彼が私に近づき「今週で僕の講習は終わるんだ」と報告しても「あら、そう」という反応しかしませんでした。