Saturday, 11 April 2015

Part 2 Sense of Entitlement (フランス人が苦悩から得た教訓)

Jaunkies

Spring is upon Paris.  The street vendors are selling yellow narcisss.  It’s only 2 Euros, so why not?  I thought. 

They say that the French are exclusive, but so far only the French people have been straight with me and even kind.  I had to speak some French before that happened, but the personality shift made in appreciation of my respecting their language was incredible.  Sure, the other immigrants in France speak better French than I do, but are they more respective of the French values? 

The other day, I bought some vegetables at an outdoor market.  I was rather suspicious of cheap price tags at this stall, but I was ready to comprise on quality and chose to economize.  He was not a French, but I always give everyone a chance.  The price was double to what I had expected.  The French would show me the bill, but this non-French did not.  So I pretended not to have understood French and did not pay till he showed me the bill.  When he did I took it from him and there it was.  He had sold me the double quantity of every item.  Asian immigrants would have at least asked if I wanted double the quantity with a good offer.  I paid him because I did not wish to make a fuss over a mere vegetable bill, but I pointed out to him that I had asked for 1 kilo each, not 2 kilos.  He must have sensed my contempt because he blurted out in poor English something like ‘Stupid Asians…Go back!’  Well, French people were here long before him too and there he was lowering the integrity standard of France who had adopted him. 

I don’t believe that French people resent different cultures or different religions.  It must be the sense of entitlement that they resent. 

Copyright 2009 to 2015 by Mirror Miroir/THE THIRD RED APPLE All Rights Reserved. 

いつも英文と同じとは限りませんが今回はガイド本に載り日本人旅行客も多く訪れる有名なパリの市場で注意を促す必要があるかもしれない事です。細長い市場を真ん中に線を引いて片側を見ると野菜や果物店の値段が急に安くなるのに気づきます。店主は移民・元移民です。以前からこっち側で買ったら腐った物を混ぜられていましたが民族とは関係ない筈と気にしないようにしていました。で今回も節約する為安い値段の店で買ったのですが予想の倍を請求されました。フランス人店主はいつも機械が打ち出されたレシートを見せてくれるのにこの移民は見せようとしない。フランス語が聞き取れないふりで払わなかったら、渋々見せたレシートに倍の量の記載。これが中国人なら事前に「オマケするから倍どうだ?」と交渉してきます。黙って倍売りつけるような姑息な真似はされた事ないです。  

野菜代くらいで騒ぐ気もなく支払ましたが恥の概念などない男の顔を見ながら怒りよりも「フランス人も苦労させられているんだなあ…」と。そして別の話を思いだしました。 私が学校で反日攻勢を受けて落ち込んでいると一人のフランス男性が声をひそめて教えてくれたのです。「フランスだって(ある)国から何度も謝罪と賠償を求められているけど突っぱねている。侵略は残酷だが人間の繁殖本能の結果なんだ。反対に侵略を跳ね返す力をつけてこなかった事も美徳ではない。甘ったれや被害者に付き合ってもきりがない。生き残りをかけて一目おかれるのは「いい人」ではなく「強い国」か「役に立つ国」だ。」 外交経験と苦しみが日本より遥かに長いフランス人の教訓です。 

確かに大国は悪口言われながらも国際会議では最も注目を浴びています。でも日本は「役に立つ民族」にはなれる。日本の将来に希望を与えてくれたこのフランス男性は当然ながら反日の話には耳を貸しません。苦虫噛み潰した表情の某国人でしたが、影でこのフランス男性が語学学校の小物を盗んでいるんじゃないかと中傷の噂を流し始めたのです。面白がる各国の生徒達の中で私とフランス女性の先生だけが気の毒なフランス男性の名誉を擁護したのでした。実は一部の日本男性のセクハラや弱者を集団で苛める側面を知り経験した者としては過去に迷惑をかけたであろう人々の事がまだ気になっていました。しかし某国の男性の最後の行動で踏ん切りがついたようです。

私の中でのモヤモヤが解決したところで次回は少し変わった試みのブログを予定しています。